ツイッターのログインを促すポップアップを「uBlock origin」で非表示にする

ログインせずにツイッターを見る方法を調べていたところ、海外掲示板のredditにPCブラウザ用コンテンツブロッカーの「uBlock origin」にフィルターを追加する方法が共有されていました(感謝!)。

出典:You are now completely unable to view Twitter on a mobile browser without having an account. : assholedesign

MEMO

ツイッターの仕様が変わると使えなくなる方法ですので、あらかじめご了承ください。また、フィルターの追加は自己責任でお願いします。

「uBlock origin」は人気のプラグインで、Google Chrome、Firefox、Microsoft Edgeなど主要なブラウザで利用することができます。

ダウンロード方法などはここではとりあげませんので、気になる方は検索してみてください。

フィルターの追加方法

uBlockのアイコンから、歯車のアイコンをクリックします。

開いた設定画面のタブから「マイフィルター」をクリックします。

マイフィルターの編集画面に以下のフィルタを貼り付けます。

twitter.com##.r-1upvrn0.r-l5o3uw.css-1dbjc4n
twitter.com##div[role='dialog']
twitter.com##[id$='PromoSlot']
twitter.com##html->body:style(overflow:visible !important;)
twitter.com##html:style(overflow:visible !important;)

1行目は画面下の青いバーを非表示にするフィルタです。

コードを貼り付けた状態です。

設定ができたら「変更を適用」をクリックします。

これで設定は完了です。ツイッターを開いて確認してみてください。

ツイッターの記事

ツイッターをログインせずに見るにはブラウザの「プライベートウィンドウ」が便利PCブラウザ版ツイッターのトレンド欄を「拡大」で非表示にする