Logseqのテンプレートブロックの使い方

この記事では、Logseqのテンプレートブロックの使い方を解説します。

テンプレートブロックを使うことで、よく使うブロックを効率的に入力できます。設定からデフォルトテンプレート名を指定することで、デイリージャーナルにテンプレートを自動的に適用させることもできます。

ステップ1.ブロックを作る

LogseqではObsidianのようにページをテンプレートにするのではなく、ブロックをテンプレートに指定します。

子ブロックにしたい行をドラッグし、選択状態にします。

Tabキーを押して選択した行をインデントします。

ステップ2.ブロックをテンプレートに指定する

作ったブロックを、テンプレートブロックとして指定します。


テンプレートブロックにしたいブロックの文頭の丸ポチ右クリックします。

メニューの「Make Template」をクリックします。

つけたいテンプレート名を入力し「Submit」をクリックします。

これでテンプレートブロックの設定はOKです。

ステップ3.テンプレートブロックを呼び出す

先ほど作成したテンプレートブロックを、好きな場所に呼び出します。


テンプレートブロックを呼び出したい場所に/templateと入力し、「Template」を選びます。

テンプレートの候補が現れるので、先程入力したテンプレート名を選びます。

先ほど作成したテンプレートが入力されました。

親ブロックを含むかどうか

テンプレートに親ブロックを含むかどうかは、テンプレートブロック作成時に設定できます。

Ingluding〜」をオフにします。

親ブロックに関する設定が追加されます。

親ブロックを含まずに、子ブロックだけが呼び出されます。

ステップ4.デイリージャーナルのデフォルトテンプレートを設定する

設定からconfig.ednファイルを編集することで、デイリージャーナルが生成されるたびに自動的にテンプレートを適用します。

「設定」→「一般」からカスタム設定の「config.ednを編集」をクリックします。

:default-templates と書いてある場所の {:jounals " "} の「” “」の中に、先ほど作成したテンプレートの名前を記入します。

デイリーノートがつくられるたびに自動的にテンプレートが適用されます。

Logseqの記事

Logseqのフォントサイズを変更する方法2つLogseqの見た目をカスタマイズ!テーマを変更する方法