「Focus To-Do」はアップルウォッチと連携できる無料のポモドーロアプリ

ポモドーロ・テクニックがなければまったく作業にならないほど、ポモドーロテクニックを愛用しています。

無料で広告のない、アップルウォッチと連携のできるポモドーロアプリ
を探して、いろいろなアプリを試していたのですが、なかなか「これ!」というアプリに出会えていませんでした。そんなときに出会ったのが「Focus To-Do」というアプリです。

無料でシンプル、必要十分な機能

使い方はとてもシンプル。数字をタッチして「開始」をタップするだけです。

「Focus To-Do」トップ画面

①下部の数字をタップ

ポモドーロ画面

②「開始」をタップ

ポモドーロ時間の調整

ポモドーロ時間の調整は上部のアカウントマークから設定できます。
休憩時間や休憩時間のスキップなども設定できるので、簡易的なインターバル時計としても使えそうです。

「設定」画面

アップルウォッチと連携できる

アップルウォッチは図書館など音の気になる場所で重宝します。ポモドーロ終了を腕への振動で知らせてくれます。

スマホがそばにあるとついSNSなどを見て脱線しがちなので、スマホをいじらないですむのもありがたいです。

「Focus To-Do」Apple Watchホーム画面
Apple Watchポモドーロ画面(タップで開始)

ホーム画面に戻しても残り時間がわかるので便利です。

Apple Watchホーム画面(残り時間が表示される)

「Focus To-Do」のモジュラー画面への登録は「Watch」アプリ→「マイ文字盤」で設定できます。

「Watch」アプリ モジュラー画面編集
登録できるのは下段のみで中段には登録できないようです。

タスク管理もできる

シンプルなポモドーロタイマーとして使う他に、各ポモドーロに名前をつけ、タスク管理とポモドーロを組み合わせることもできます。

「今日」のタスク画面

プレミアム機能でできること

無料で使える「Focus To-Do」ですが、有料のプレミアム機能も用意されています。

プレミアムでは、以下の機能が利用できます。

プレミアム機能
  • 全デバイス間での同期機能
  • データのクラウドバックアップ
  • より詳細な統計レポート
  • プロジェクト数の制限解除
  • より多くの官僚済みタスクやポモドーロ記録を確認する機能
  • タスクのリピート機能
  • タスクのリマインダー機能
  • 追加のホワイトノイズ、ベルの音

2020年7月の記事執筆時のプレミアム機能の価格は3ヶ月370円、買い切り1100円(50%オフ)となっています。
買い切りのプランがあるのが嬉しいですね。アプリが気に入った場合、プレミアムを購入してもいいかもしれませんね。

「Focus To-Do」のダウンロード(無料)

iOS

Android
Google Playで手に入れよう

他にもGoogle Chromeの拡張機能や、Mac版・Windows版のアプリも用意されています。「Focus To-Do」公式ホームページからダウンロードリンクに飛べますので、気になった方は確認してみてください。
https://www.focustodo.cn/