フレッツ光のオプションサービスを見直そう

この記事では、主にフレッツ光のいらないオプションサービスと、使わないと損な割引サービスについて解説します。

筆者の状況

「NTT東日本」のフレッツ光を使っている
プロバイダはOCNを使っている
戸建て契約である
・「NTTコミュニケーションズ」と「NTT東日本」から請求がある

主に筆者と同じ状況の人を想定して記事を書いていますが、どのプロバイダでも見直す部分はだいたい同じではないかと思います。

フレッツ光の料金明細の確認方法についてはこちら↓

わかりづらいフレッツ光の料金明細の確認方法を解説(NTT東・OCN)

なぜこの記事を書くかというと、実家のフレッツ光の料金明細を確認したら、余計なオプションや使っていない割引サービスがたくさんあり、ひと月にかなりの金額を余計に支払っていたからです。

この記事を読んでる方には、自宅や実家のフレッツ光の契約に余分なものがないか見直してもらえたらと思います。

この記事のまとめ

先にこの記事のまとめを載せておきます。

フレッツ光の余計なオプションサービス

  • メールウィルスチェック&安心メールブロックサービス(OCN) 385円/月
  • リモートサポートサービス(フレッツ光/NTT東日本) 550円/月

人によっては「フレッツ・ウイルスクリア (フレッツ光/NTT東日本) 440円/月」も必要ないサービスかもしれません。

フレッツ光のつけてなかった割引オプション

  • にねん割(フレッツ光/NTT東日本) 770円割引/月
  • (にねん割に付随する月額ポイント 100〜500ポイント/月)

※値段は税込み

にねん割のポイント含めて、月に2000円強損していた計算です。実家のフレッツ光の契約年数は10年以上なので、無駄に払っていた額はゆうに20万円以上になります。けっこうショッキングな数字です。

余計なオプションサービス

プロバイダとNTT東日本のフレッツ光それぞれに存在します。

メールウイルスチェック&安心メールブロックサービス(OCN)385円/月

このサービスは名前のとおり、メールにウィルスがないか確認し、迷惑メールをブロックしてくれるOCN(プロバイダ)のサービスです。

このサービスはOCNメールにのみ働きます。つまりドメインが「@○○.ocn.ne.jp」以外のメールを使っている人には必要のないサービスです。

メールウイルスチェック&安心メールブロックサービスの解約方法

解約は「OCNマイページ」から申し込むことができます。

リモートサポートサービス(NTT東日本)550円/月

これはパソコン操作がわからなくなったときにサポートセンターの方が遠隔でパソコンを操作し、問題を解決してくれるサービスです。

参考:リモートサポートサービス | フレッツ光公式

正直一度も使っていないという方はまっさきに解約しましょう。必要になった時にそのつど入る形でも大丈夫です。

リモートサポートサービスの解約方法

解約方法は今のところフレッツ光に電話するしか方法がありません。手順は以下にまとめています。

フレッツ光リモートサポートサービス解約の方法(手順・必要な情報など)

2年以上契約する場合は「にねん割」をつけよう

にねん割とは

2年間の契約の縛りと引き換えに、戸建て契約で月額770円、集合住宅契約で月額110円を割引するNTT東日本のサービスです。2年以上契約する方は入っていないと損です。

ただし更新月以外に解約する場合は解約金が戸建て向けサービスの場合10450円、集合住宅向けサービスの場合1650円かかります。

参考:にねん割 | NTT東日本 | フレッツ光

実家は10年以上契約しているにも関わらず「にねん割」に入っていませんでした…。

にねん割の申込み方法

にねん割は「フレッツ光メンバーズクラブ」から申し込むことができます。

にねん割でもらえるポイントはけっこう多い

「にねん割」に継続して加入していれば、加入年数によって月に100〜500ポイントが加算されます。ポイントは「フレッツ光メンバーズクラブ」で確認・交換ができ、サービス料金の支払いや商品の交換に使うことができます。

参考:マンスリーポイント|フレッツ光メンバーズクラブ|NTT東日本
参考:フレッツ光メンバーズクラブ|フレッツ公式|NTT東日本

私の実家はにねん割を契約していなかったのでもちろんポイントは0です。

さいごに

以上のように、フレッツ光にまつわる余計な割引サービスとオプションサービスについてまとめました。

この記事を読んまれた方は、ぜひ家族や周りの方のフレッツ光の契約について確認するよう伝えていただければと思います。