ダイソン掃除機のフィルター表示が消えなくなったので修理してもらいました

ダイソン掃除機、デジタルスリム(V18)の「フィルターをそうじしてください」の表示が洗っても消えなくなったので、サポートに相談して修理(フィルター交換)してもらったという記事です。

公式サポートに相談→修理

2年間の保証期間内だったこともあり、ダイソン公式サポートに相談することにしました。

お問い合わせ|ダイソン

電話の他にも、チャットでも相談ができます。先にWEBで製品登録を済ませておくと、やりとりがスムーズかもしれません。

症状を話したところ修理ということになり、修理センターに発送することになりました。

発送→修理→速攻で返却!

送るものは充電器と本体だけで良いとのことでした。電話した次の日に配送業者の方が引き取りに来てくれました。私は家にあったダンボールに入れて掃除機を送りましたが、希望すればダンボールも業者の方が持ってきてくれるようです。

掃除機を送った翌日には修理完了のメールが来て、さらに次の日にはもう修理した掃除機が自宅に届けられました。発送から返却まで3日間。地域にもよると思いますが、早いですね。日々使うものなのでありがたかったです。

しっかり梱包してくれています。

送った掃除機本体と充電器です。

納品書を見ると、フィルターを交換してもらったようです。保証期間内なので修理代金は0円でした。

交換してもらったフィルター

フィルターを交換してもらったことで、フィルター交換の表示は出なくなりました。

原因はフィルターの洗浄不足?

ダイソンからの検証結果は以下のようなものでした。

フィルターが汚れ、目詰まりを起こしていました。そのためフィルターを交換しました。

どうやら月一回のフィルターの洗浄がうまくいってなかったようです。

吸引性能を維持するため、フィルターは月一回の洗浄をお願いしています。なお、洗浄後は完全に乾燥させてから本体に取り付けてください。

今後はフィルターを丁寧に洗浄するようにしたいと思います。

フィルターユニットの正しい洗い方

フィルターの洗い方はダイソン公式の動画がわかりやすいです。

↓下のページでは絵と文章による説明があります。

参考: オンラインサポート|ダイソン | デジタルスリム フラフィ

ポイント:梅雨時の乾燥はしっかり

説明書には「24時間以上乾燥」とあるのですが、梅雨など湿気の多い時期は24時間程度では乾ききっていないことがあります。水滴が内部に残っていないか確認してから取り付けたほうが良いようです。

自力でのフィルター交換は可能か?

デジタルスリム(V18)の場合

ダイソン公式ホームページでデジタルスリムのフィルターを購入すれば可能です。(長らく欠品になっていましたが、2021年9月現在、在庫が復活しています。)

Dyson|ダイソン Dyson Digital Slim プレモーターフィルター – 付属品・スペアパーツ 970612-01

ただ、価格が6600円とお高めなので、保証期限が残っている場合は、一度サポートに相談してみるのがよいでしょう。

その他の機種の場合

ダイソン公式ホームページでフィルターの購入ができます。

ツール・付属品一覧|ダイソン

その他の機種の場合、アマゾンまたは楽天市場でもフィルターを購入できますが、純正品と品質不明の互換品が玉石混交なので注意が必要です。

公式サイトによると、フィルターは何年で交換しなければいけないという決まりはないようなので、しばらくは丁寧にフィルターを洗いながら使っていきます。